ぎっくり腰|最新の治し方!生涯役に立つこと間違いなし!

腰痛症状を抱える方の中で、多くの方が経験されているぎっくり腰…
実際に日常生活やお仕事中に急に発症し、どうしたら良いのかお困りでご相談を受けることが非常に多いです。

しかし、実際には
どう対処していけば良いのか?
・安静にした方が良いのか?
・ストレッチやマッサージが良いのか?

情報が溢れている中で、正しい情報を見つけるのが難しいと多くの声をいただきます。

その中でも当整体院をご利用いただいている方で、
「繰り返している謎のぎっくり腰に何をしたら良いのか、調べてもよく分からないし、誰も教えてくれない」という不安を抱え、「このまま一生付き合っていかないといけないのか…」と思っていた方がいらっしゃいました。

ぎっくり腰の治し方には、欠かしてはいけない正しい知識とポイントがあり、それを実践していった方は個人差はありますが、右肩下がりで症状は変化している方がほとんどで多くのケースで改善します。
大田区池上の整体院 セルフケアアドバイスセンター ~からだ塾~では、「痛みを改善させ、痛みを繰り返さない体づくり」を掲げ活動しています。
当コラムでは痛みのない元気な生活を送れるよう、ぎっくり腰の治し方についての情報や方法について解説いたします。

治し方の前に知っておく大事なことぎっくり腰の原因とは?

治し方の前に知っておく大事なことぎっくり腰の定義とは?

ぎっくり腰は、急激な姿勢変化や無理な動作によって腰椎や周囲の筋肉に負担がかかり、急性の腰痛を引き起こす状態を指します。
日常生活の中で何気なく行っている動作でも、間違った姿勢や筋肉の使い方が原因となり、ぎっくり腰を引き起こすことがあります。例えば、重いものを持ち上げる際に背中を丸めたり、突然の激しい運動を行ったりすることで、腰に大きな負荷がかかり、筋肉や靭帯に急激なストレスがかかります。

この状態が起こると急性の腰痛が生じ、この腰痛は動作を制限し、日常生活に支障をきたすほどのものであり、しばしば激しい痛みや運動制限を伴います。また、腰の動きが制限されることで、立ち上がる、歩く、座るなどの日常の動作に支障が生じます。医学的には「急性腰痛」と呼ばれております。

ぎっくり腰は、一度発症すると再発しやすい特徴があります。そのため、予防や適切な治療が重要です。正しい姿勢の保持や適切なケア方法、繰り返さないためのトレーニングを行うことで、腰の負担を軽減し、ぎっくり腰の発症リスクを低減することができます。また、発症した場合は、腰痛に対しての正しい知識と適切な管理をしていくことで多くのぎっくり腰の症状を軽減し回復を促すことができます。


治し方の前に知っておく大事なことぎっくり腰の主な原因とは?

ぎっくり腰の主な原因は、急激な姿勢変化や無理な動作が挙げられます。日常生活やスポーツ、仕事などで、突然の姿勢の変化や激しい動作を行うことで、腰椎や周囲の筋肉に大きな負荷がかかり、ぎっくり腰を引き起こすことがあります。特に、重いものを持ち上げたり、急な体勢の変化を伴う動作を行ったりすることが、ぎっくり腰の発症につながりやすいです。

しかし、急激な動作だけでなく、過度なストレスや筋力不足、姿勢の悪さ、運動不足なども、ぎっくり腰の原因として関与することがあります。ストレスは筋肉の緊張を増加させ、腰に負担をかけることがあります。また、筋力不足や姿勢の悪さは、腰部の安定性を低下させ、負荷がかかりやすくなってしまいます。さらに、運動不足は筋力や柔軟性の低下を招き、ぎっくり腰のリスクを高めます。

そのため、ぎっくり腰の予防には、急激な動作や姿勢の変化を避けることはもちろんですが、ストレスの管理や適切な運動、姿勢の改善も重要です。日常生活での姿勢の正しい保持や、腰部のケアやトレーニング、柔軟性を高めるストレッチなどを行うことで、ぎっくり腰のリスクを軽減することができます。

治し方の前に知っておく大事なことぎっくり腰の予防について

ぎっくり腰を予防するためには、日常生活の中での姿勢や動作に注意を払うことが大切です。まず、姿勢の正しい保持が重要です。長時間同じ姿勢を保つ場合は、背中を適度に起こした状態で座るか、フィットする背もたれを使うよう心がけましょう。また、立ち仕事をする場合には、同じ姿勢を取らないことはもちろん、膝を軽く曲げて背筋を丸めすぎたり反りすぎたりしない状態を意識することが大切です。

さらに、筋力トレーニングも予防の重要な要素です。特に、腹部やお尻の筋肉を鍛えることで、腰部の安定性を高め、ぎっくり腰のリスクを軽減することができます。ご自身のお体に合った、必要なメニューで定期的な筋トレを行い、身体全体のバランスを整えることが大切です。

適切なストレッチもぎっくり腰予防に効果的です。筋力も大事ですが柔軟性を高めることで、筋肉や関節の動きをスムーズにし、急激な負荷がかかった際の損傷を防ぐことができます。特に、腰部やお尻のストレッチは効果的ですが、体が硬い方が急に行うとかえって痛めてしまうこともあるので無理なく行うことが大切です。

最後に、運動習慣の改善も予防に欠かせません。日常的に運動を行うことで、筋力や柔軟性を維持し、腰部の負担を軽減することができます。適度な有酸素運動やウォーキング、ストレッチを取り入れたり、座りすぎや長時間の同じ姿勢を避けるために、定期的に休憩を取ることも重要です。継続的な予防策の実践によって、ぎっくり腰の発症リスクを低減し繰り返さない体作り、そして健康な生活を送ることができるのです。

ぎっくり腰を治すための方法

今すぐできるぎっくり腰の治し方とは?

ぎっくり腰の症状が現れた際には、まずは安静にしましょう。といっても、「絶対安静」ではありません。よく勘違いされるのが、「安静=動いてはだめ」という過度な安静です。基本的に転倒や事故など外傷によるものでない限り、絶対安静は必要ないとされております。明らかに負荷がかかる動作を控えながら、腰に余分な負荷をかけないように注意して、できる範囲での活動は継続することが推奨されております。

つまり、身の回りの動作はもちろん、可能な限り日常生活やお仕事は継続し、徐々に動ける範囲を拡大させていくことが改善に繋がっていくことが多いとされております。
なぜなら、本来私たちのお身体は24〜72時間をピークに痛みは右肩下がりに落ち着いてくるのが、自然治癒能力としてもあります。ですので、過度な安静はかえって体を支える筋力の低下を招いてしまい、その後の活動によって負荷がかかりやすくなってしまうのです。

心配な方やどうしても行わなければならない活動がある場合などは、ご自身の体に合うコルセットなどを一時的に併用して活動を継続していくことももちろん良いでしょう。
絶対安静は控えて、これらの自宅で行える応急処置を行うことで、ぎっくり腰の症状を軽減し早期の回復を促すことができます。


ぎっくり腰|専門家の診断と治療

ぎっくり腰の症状が重篤である場合や自己処置で改善しない場合や繰り返している場合は、専門家である整形外科医や理学療法士に早めに相談しましょう。整形外科医は、腰痛の原因を詳細に診断し、必要に応じて画像検査や検査を行います。これにより、椎間板ヘルニア、脊椎の変形、筋肉の損傷などの症状の根本的な原因を特定します。

一方、理学療法士は、運動療法やリハビリテーションを専門としており、痛みの緩和や機能の回復に向けたプログラムを提供します。一般的にマッサージやリリース、姿勢の改善や筋力トレーニング、ストレッチ、マニュアルセラピーなどの手技療法を用いて、腰痛の症状を軽減し再発を防ぎます。

適切な診断と治療を受けることで、腰痛の原因を正確に把握し、それに応じた効果的な治療を受けることができます。自己処置や一時的な症状の緩和だけでなく、専門家の指導の下で根本的な改善を目指しましょう。早期の治療が腰痛の長期化や慢性化、再発を防ぐために重要です。

ぎっくり腰再発予防|トレーニングは必要

ぎっくり腰の症状が落ち着いてきた際には、リハビリや筋力トレーニングを積極的に行い、再発を防ぐための体力と柔軟性を維持することが不可欠です。リハビリでは、理学療法士やトレーナーの指導のもと、腰部の筋力を回復させるための運動療法(プログラム)が提供されます。これには、腹部や背中、お尻などの筋肉を強化するエクササイズや、姿勢の改善を促すトレーニングが含まれます。

また、筋力トレーニングは再発を防ぐために非常に重要です。ここで重要になってくるのが、筋肉と言ったら代表的なのは腹筋(腹直筋)など表面にあるアウターの筋肉をイメージしやすいですが、本当に強化が必要なのは深い部位にあるインナーと言われる筋肉です。このインナーを強化していくことで腰部の安定性を高め、日常生活やスポーツ活動中の腰への負担を軽減します。そして、定期的な筋トレを行うことで、腰の周りの筋肉が強化され安定性が向上します。

さらに、柔軟性を保つためのストレッチも重要です。特に、普段の活動で負荷のかかっている腰周りや下半身の筋肉を柔らかくするストレッチを継続的に行うことで、適切な姿勢を維持し、腰への負担を軽減することができます。筋力トレーニングとストレッチを組み合わせることで、腰痛の再発リスクを低減し、健康的な生活を維持することが可能です。しかし、適切なトレーニング方法や強度の調整には理学療法士など専門家の助言を仰ぐことが重要です。

思い切って専門家に相談しよう!

上手く聞きたいことを聞く方法医師によるぎっくり腰診断と治療

ぎっくり腰が続く場合や痛みが強い場合は、早めに医師の診察を受けることが重要です。医師は症状の原因を正確に特定し、適切な治療法を提案します。診察では、患者の症状や生活歴を詳しく聞き取り身体検査を行います。必要に応じて、X線、MRI、CTスキャンなどの画像検査を行い、腰部の状態を詳しく評価します。

医師から問診で症状について聞かれる時には、ご自身のお体の情報を細かく伝えることが大事です。その場でうまく伝えられなかった経験がある方はメモなどに書いておくこともおすすめします。

【症状を伝える時のポイント】
・どこが痛いか?どうすると痛いか?どんな痛みか?
・きっかけはあったか?影響を与える可能性のある活動はあったか?
・いつから痛いか?痛みはどう変化しているか?
 など
できるだけ具体的に説明します。

そして、医師の説明が分からない場合は、積極的に質問して説明してもらい、質問や疑問や不安がある場合は、ためらわずに医師に伝えることが重要です。なぜなら自分の健康に関する意思決定には、納得のいく情報や説明が必要です。

診断の結果に基づいて、医師は適切な治療法を選択します。軽度のぎっくり腰の場合、痛み止めや湿布の処方、コルセットの処方、物理療法などの保存療法が行われることがあります。一方で、症状が重篤な場合や、神経に圧迫があると疑われる場合には、さらに検査を進めて必要であれば手術を選択する場合もあります。

また、医師は必要に応じてリハビリテーションの処方を出し、理学療法士らと連携して患者に適切な注意や運動療法を指導します。腰の正しい使い方や運動方法(セルフケア)、姿勢の改善などのアドバイスを受けることで、再発を防ぐための自己管理ができるようになります。

症状が悪化したり、治療が効果的でない場合には、必ず医師の指示に従い、再診や治療法の見直しを行いましょう。医師の診断と治療は、ぎっくり腰の早期回復と再発予防に不可欠です。


ぎっくり腰再発予防|理学療法士のサポート

理学療法士は腰痛やぎっくり腰のリハビリテーションや予防において、専門的な知識と豊富な経験を持ち重要な役割を果たします。身体の状態を評価し、個々のニーズに合わせた適切なリハビリテーションプログラムを立案します。まず、痛みの軽減や炎症の抑制を目的とした手技療法を中心に用いて患者の症状を管理します。

その後、筋力トレーニングや柔軟性向上のための運動療法を行い、腰部の安定性を高めるためのコアトレーニングも取り入れます。また、日常生活や職場の動作に関するアドバイスや適切な姿勢の指導も行い、再発予防に役立つ情報を提供します。

さらに、リハビリテーションの進行をモニタリングし、必要に応じてプログラムを調整していきます。理学療法士は患者と密に連携し、治療の進捗状況を把握しながら、最適な成果を得るための支援を提供します。

ぎっくり腰の場合、自己流での運動や無理なリハビリテーションは逆効果になることもあります。そのため、専門家である理学療法士の指導のもとで適切なプログラムを行うことが重要です。これにより、より適切な回復と再発予防につながります。

ぎっくり腰|心理的サポートの重要性

ぎっくり腰は身体的な症状だけでなく、心理的な影響も及ぼすことがあります。急な腰痛や動けない状況になることで、患者は焦りや不安、ストレスを感じることがあります。また、日常生活や仕事への影響も大きく、その不安定な状態が精神的な負担となることもあります。

心理的なサポートは、心身のバランスを取り戻し、回復に向けたプロセスを支援するために重要です。カウンセリングを受けコミュニケーションをとりながら進めていくことで、不安やストレスを軽減し、自己効力感や前向きな考え方を促進することができます。また、同じような経験をしている方の情報を知ることや可能であれば実際に経験者に話を聞くことも効果的です。他の人との経験や情報交換を通じて、患者は自分だけが抱えているわけではないことを実感し、よりポジティブな気持ちで回復に取り組むことができます。

心理的なサポートは、ぎっくり腰の治療やリハビリテーションと同様に重要な要素です。心身のバランスを整え、心理的な負担を軽減することでより早い回復を実現し、再発を防ぐための力を得ることができます。したがって、必要に応じて心理的なサポートを受けることが、ぎっくり腰の回復に向けたプロセスを支援する重要な手段となり、痛みの悪循環を断ち切るには必要不可欠なのです。

まとめ

今回は「ぎっくり腰の治し方」についての記事でした。
ぎっくり腰改善にはぎっくり腰の正しい知識を知った上で適切に管理していくことが重要となります。
繰り返している腰痛やぎっくり腰にサヨナラするためには、お仕事や活動量なども鑑みながら、適切なセルフケアやトレーニングを行うことが大切です。一つずつ取り組んでみて、自分に合った方法を見つけていくことが重要です。

大事なことは、
・ご自身のおからだの特徴を把握すること
・ケガや病気のことを正しく知ること
これらが重要となります。

当センター『からだ塾』では、おからだの状態をカウンセリングや評価を通じて確認し、体の不調、痛みやコリなどの改善に向けた施術はもちろん、ご自身でも行えるセルフケア(運動療法やトレーニング)を学び、他ではないトータルサポートで繰り返さないからだ作りを支援、サポートいたしております。ぜひ一度、お気軽にご相談くださいませ。
ご自身のからだのことを知り、ご自分に合った施術、セルフケアやトレーニングでつらい症状を改善させていきましょう。


大田区池上の整体院からだ塾のご紹介

膝・腰などの痛みは大田区池上の整体院 からだ塾にご相談ください。
理学療法士が痛みの緩和と繰り返さない体づくりをする整体院です。
運動療法での生活習慣病対策やリハビリ、セルフケアのアドバイスも行います。

サービス紹介

サービス紹介

痛みを繰り返さない体作りのためのカウンセリングお体の状態を把握させていただくためのカウンセリング。
痛みを繰り返さない体作りのために必要不可欠な要素となります。
逆説的にいうと、たくさんの方々は痛みを繰り返している「理由」があります。
その「理由=原因」を見つけていく必要が...
サービス紹介の画像

初回予約のご案内

当整体院は患者様ひとり一人の症状やご状況に合わせてしっかりとサポートできるよう、完全予約制とさせて頂いております。
ご予約はお電話または、Web予約システムにて承っております。

↓ご予約はこちら↓

この整体コラムを書いた人

大田区池上駅の整体院 からだ塾センター長・理学療法士田中隆太

保有資格

  • 理学療法士(国家資格)免許取得
  • 日本オランダ徒手療法士 四肢コース修了
  • 日本オランダ徒手療法士 準徒手(脊柱・骨盤帯コース)修了
  • 日本オランダ徒手療法士 徒手(筑波大)コース
  • 日本オランダ徒手療法士 認定講師任命
  • 日本理学療法士協会在籍 新人教育プログラム修了
  • 日本理学療法士協会在籍 登録理学療法士取得済
  • 日本理学療法士協会在籍 地域ケア会議推進リーダー取得
  • 日本理学療法士協会在籍 介護予防推進リーダー取得
  • ポケットセラピスト   登録理学療法士
  • 健康経営アドバイザー取得
  • 一時救命処置(BLS:basic life support)取得

執筆

  • 医療情報サイト『Good Health』
    怖さもしらないと!ステロイド(関節注射)効果と副作用 (good-health.jp)

メッセージ

当整体院は「お客様自身が『自らの力』で健康になってもらう」をミッションとしております。
ご自身の大事なお体の特徴、状態を把握している方はそう多くない現状です。
それは、子供のころから、体について学ぶ機会が今の日本には少ないからです。
痛みを繰り返しているには「理由」があります。
寝て、マッサージをしてもらって、ラクになって帰る。これだけでは痛みを繰り返してしまいやすいのです。
大事なことは
おからだの特徴を知り、それに対し、どのようなケア方法、トレーニング方法を知り、実践していくかが重要となります。

『あなたにもっと早く会えていれば良かった』
これは私たちが病院勤務の時、理学療法士としてリハビリテーションを患者さんと行っているときによく言われた忘れられない言葉です。

『40代、50代であなたに会って、からだの事を教えてもらえていたら、こういうからだにはならなかったかもしれないね』
これが、私が病院だけでは助けられない方々がいると直面し、病院に入院してからではなく、問題が浮き彫りに出る前から、支援をしないといけないと決意が固まった瞬間でした。

私たちができる事は何か?を日々探究しながらより良いサポートができるように邁進しております。
そしてこの大田区で地域貢献していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

整体コラムに関連する記事

膝関節症の治療とケア:専門家である理学療法士が教える実践方法の画像

膝関節症の治療とケア:専門家である理学療法士が教える実践方法

現在では膝の痛みや腰痛、肩こりなど改善の方法はネットで検索するとで様々出てきます。
そして、「どれが本当に正しいのか、どれが私の膝の痛みには合っている治し方なのか」など情報が多すぎて困ったことは...
坐骨神経痛の原因と治療法|専門家が教える改善策の画像

坐骨神経痛の原因と治療法|専門家が教える改善策

現在では坐骨神経痛や腰痛、ヘルニア、脊柱管狭窄症など改善の方法はネットで検索するとで様々出てきます。
そして、どれが本当に正しいのか、どれが私の症状には合っているのかなど情報が多すぎて選ぶことに...
股関節の痛みを防ぐための効果的なストレッチと専門家のサポートの画像

股関節の痛みを防ぐための効果的なストレッチと専門家のサポート

現在では股関節の痛みや腰痛、肩こりなど改善の方法はネットで検索するとで様々出てきます。
そして、「どれが本当に正しいのか、どれが私の股関節の痛みには合っている対策なのか」など情報が多すぎて困った...